スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬に 頭を垂れる 我が心

2009. . 30
こんばんは。最近アレな日記ばかり書いていてごめんなさい。ご心配おかけしました。なんとか精神的に回復しつつあります。あーそれにしても彼女欲しい。ねぇそこのきみ僕とお茶しない?お酒ならもっといいけど(笑)



昨日は高校の部活のOB会だったためにオール。高校の仲間と久しぶりに飲むことができたことに加え、卒業したOB達が新しく加わり、楽しく飲むことが出来ました。また夏にゆっくりと語り合いたいものです。



その際、自分がとても尊敬している先輩とゆっくり語らう時間がありました。その先輩は理系で研究者を目指しているのだけれど(しかもびっくりするくらい頭がいい!)、その先輩がおっしゃっていたことがとても為になったのだよね。


先輩曰わく「自分は難関大学と言われてるところにいるけれど、周りの人間はただ勉強が出来たからという理由だけで大学に来ていて、なにがやりたいのかわからない」とのこと。「自分が何がやりたくてここにいるのかを考えなければならない。そして何をするときも常に何のために今その行動をしているのか、という意義を見いださなければならない。」 という話を聞いていてふむふむと頷く。そういえば就活も同じようなことを聞いた。やはり研究者であれ、企業人であれ、どこにいても求められる素質というものは同じなのだな、ということ。それを身に染みて気付く。
結局就活のテクニックというのもこういうことを伝えたいのだよね。だけど巷にその手の完成された結果としての「テクニック」だけがあふれてしまい、本質が抜けた形だけのものになってしまう。それを読み漁ったところで抜け殻を被るしか出来ないわけだ。


さて、俺の中身はどこにあるだろう。少し探してみるのも面白いかもしれない。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naniyattenno.blog8.fc2.com/tb.php/171-f387a9ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。